トヨタ車を買うならヴィッツ?それともアクア?街乗りならこれが良い

新車を購入しようと悩んでおり、ヴィッツかアクアと2車種で悩んでいること方も多くいますよね。

タイプ的には似ていますし、形も同じような感じですよね。

走行的にもめちゃめちゃ変わることもありませんので、どこを比較していいのか不明!なんてい方には良い記事になるかもしれません^^

[box03 title=”お悩みは?”]
  • アクアかヴィッツどちらか買おうか悩んでいる。
  • 最終決定ができない。
[/box03]

二車種を比べてみて。。。

出典:https://toyota.jp

見た目とデザインも似ているような感じもしますが、実はアクアに比べてヴィッツは6万円ほど安く設定してあるのです。(ハイブリッド)

昔からヴィッツは親しまれてきて、トヨタ車のコンパクト車といえばヴィッツとイメージする人も多いのではないでしょうか?

ですが、ヴィッツより先にアクアがハイブリットで発売されて以来、ヴィッツよりもアクアが支流となり、ヴィッツは陰に行ってしまっているような感じがします。

ただ、安い設定になっているのはなぜだろうか?

恐らく、アクアとの差別化によるものだと推測できます。ハイブリットだとヴィッツよりもアクアの方が人気だからでしょう。

ヴィッツはハイブリットなら後者になりますので、今はアクアに追いつくために少し安く出しているのではないのかと思います。

街乗りならどっち!?

アクアかヴィッツでどちらか適しいてのか?と聞かれるとやはり「ヴィッツ」とお答えします。

正確に言うと、ハイブリットよりもガソリン車でヴィッツを選択することをおすすめします。

これは完全に街乗りに限っての話になってしまいます。

街乗りでハイブリットがなぜおすすめできないのか?という疑問が浮上してくると思いますが、要するに減価償却がハイブリットは難しいのです。

ハイブリットにするとなぜだめなの?

上記でハイブリットは減価償却難しいとお伝えしましたが、5,7年で乗り換える方で、車の使用頻度が少ない。

これらが条件として当てはまります。

ハイブリット車両の魅力は何といっても、ガソリン代が浮く=燃費が良いというポイントでしょう。

ですが、それに比べて新車の価格もガソリン車と比べると40万円ほどの開きがあったりします。

40万円の開きをガソリンで埋めようと思うと乗りつぶす覚悟で乗るもしくは、走行距離を多走行並みに走らせるかどちらかをしないと元はとれません。

最新情報をチェックしよう!