車の電気がつかえない?充電もできなければどうすればいいの?

車の室内の電気が使えない!?なんていうトラブルに今なっているんですよね?

それはもしかするとヒューズが飛んでいる状況かもしれません。

こちらでは、修理する方法を説明していきます。

室内の電気が使えない?なぜ?

今乗っている車で突然室内の電気が使えない?なんていうトラブルになっているかもしれませんが、これは個人でも修理は可能ですが、少々専門知識は必要になってきます。

車の電気というのは「シガーソケット」というところから皆さん電気を使っているという前提でお話を進めていきます。

「シガーソケットというのは?」

こちらのことを「シガーソケット」と言います。

こちらからいつも電気をとってスマホの充電器を繋げたり、FMトランスミッター、ドライブレコーダー、レーダーなどを接続していると思います。

ただ、突然どれも電源切れてしまったなんていう経験を今していると思います。

電気が入らない原因とは?

電気が突然入らないのは原因はあります、単純にこのような状況であればヒューズが飛んでしまっているだけの状態が大半をしめております。

修理方法としては、最寄りの修理してくれるところでもやってくれますが、個人でも簡単にできてしまいます。

確認方法としてはヒューズボックスを確認してそこから「CIG」というのを探します。

※車種によってまちまちですので、検索エンジンで調べて下さい。

そこで、ヒューズを交換します。

ヒューズというのはこちらになります。

アンペア数は車についているのを参考にして交換してください。

原因としては・・・

電気のヒューズが飛んでしまう原因というのは主に電気の上限をこえてしまうことが多くあります。

家庭でいえば、エアコンを同時に3台つけて電子レンジをつければヒューズが落ちるというようなイメージですね。

最後に

車のヒューズが飛んでしまうことはごくまれに起きることです。

個人で交換できれば、安く修理できるような箇所ですが、業者にお願いをすると工賃だけでも高くなることが多くあります。

どうしても、私では無理!

ということであれば最寄りのショップにもっていくことをオススメします。

最新情報をチェックしよう!