【2018年最新】トヨタダイナ買取査定|知るべきポイントは3つ!

2018年最新のトヨタダイナ買取査定情報を掲載しておきます。

トラックといえば、乗り換えの際には下取りを出すのが一般的で、乗り換えもスムーズですし、なんと言っても手間が少なく簡単に乗り換えが完了できてしまいます。

大半の考えでは、トラックと言えば走行距離が10万km、20万km、いえ、30万kmとかなりダイナで走り込んでいる車両ばかりです。

しかし!

決して買取金額がつかない(0円)にはならないことはご存知ですか?

そんな買取、売却をする前に3つのチェックポイントをご紹介します!

この機会にポイントを抑えて損をしないように最後までご覧くださいませ。

【朗報】車もネットで簡単に探して、お得に新車や中古車を手に入れる!

新車の無料見積ならオートックワン! 加盟ディーラー数4000社、月間65000件の見積もりをする

  1. 複数メーカーの車種を無料で比較できる!
  2. 煩雑な支払総額・諸費用がわかる!
  3. ネットから手軽に見積もりがとれる!入力は最短1分
  4. マイページで価格交渉も可能

【愛車】最高額で売却したくありませんか?下取りよりも○○万高く売る!

愛車を売るなら車一括査定をすることをオススメしますが、車一括査定ならどこでも良いということはまずありえません。

提携業者の数でも金額が左右されます。

当サイトおすすめはこちら

今の状態で本当に金額がつくのか?

 

 

 

 

 

 

 

これまで数年で、何万kmと仕事などで使用してきた、トラックですが、見た目はボロボロで凹み、傷、故障をしている

(自分が思うに廃車(スクラップ行き?)って思う)

クルマも古いし、使い勝手も悪くなってきたから新しいのに乗り換えて心機一転!というように思うのもまた事実です。

ですが、本当に廃車に行くようなことなのでしょうか?

(えっ?!こんな状態で!?)

こんな風に思うかもしれませんが、トラックという乗り物はいくら古くなり走行距離がかなり走っていても(20,30,50万km)値段がついてしまうのです!

半信半疑にもなる気持ちはわかりますが、事実しかお伝えしておりません。

ここで、車屋さんが無料で引き取る又は廃車代でお金をくださいっと言われたらそこの車屋さんは良心的ではありません。

車屋さんは何よりトラックに金額がつくことを知っていますし、販売の仕方まで知っております。(いわば、トラックってドル箱状態なんです^^;)

ですが、知識がないとすぐに売却する方向性しか見えて来ず無料で引き渡してしまうこと多々ありますよね。

そんな状態に陥るのは、トラックという乗り物は働く車である以上故障をされると仕事ができなくなってしまうという危険性があるからなんです。

ここで、一旦踏み止まりダイナで検索して情報を探されていて、当サイトにたどり着いて踏みとどまれたなら、ラッキーです、まだ遅くありません。

ここから本題に入って行きますので、しっかりとご覧ください

[box06 title=”オススメできる会社”]

提携企業が多くて車一括査定で有利なのはカーセンサーnet がオススメ!!

オークション形式!申し込み前に相場もわかる【ユーカーパック】 オススメ!

[/box06]

1つ目のポイント!相場を調べる必殺技とは?

 

 

 

 

 

 

まず、はじめに車は古いから金額がつかないから〜とかこんなのはありえないとか思うことをやめてください。

固定概念があるとどうせ無理という考えにも繋がるからです。

では、ここから今乗っているクルマの相場を調べて行く方法ですが、査定会社に一括見積もりをする!というシンプルな方法ではありません!

(これは誰でも簡単にできることです^^;)

クルマを販売している会社は全国に無数に存在しており、車種も幅広くありますが、ここでやっていただきたいのは、クルマ情報サイトを参考にして行きたいと思います。

情報サイトというのはグーネット、カーセンサーといったところです。

そこで、今乗っているトラックの情報と限りなく近い車を探すことからスタートします。

ポイントは、傷や凹みなどは気にしずに探してください。

(そこまでやると同じような車は出てきません。)

特に必須項目としては

 

  • 昭和、平成○○年式
  • 走行距離
  • 装備内容
  • 形状(トラック?アルミバン?ウィング車?)

この内容だけでもかなり絞り込めるはずです!

絞り込みましたら、全国で見ていただき、その平均値を出してください。

振り幅はありますが、特にトラックなどは大体似ているような金額がつく傾向にあります。

お店などの経費や利益もありますので、平均値のー20〜30万ぐらいが買取金額となることが多いです。

お判りいただけたでしょうか?

そんなつくはずが無い!っと思っていたほどの車がまさかの高額なんて・・・という状態になりませんか?

そのまま引き渡していたら、旅行一回分行けてしまうほどの金額を車屋さんに渡していたことになります。

相場の平均値が出ましたら、この金額は武器となり、交渉するには有利な立場となります。

2つ目ポイント!査定はこれさえあれば完璧!?

 

 

 

 

 

 

車の査定って基準がいまいちわからないから、査定に来る営業マンに一任してしまうこれこそが車の買取査定の現状となります。

ですが、こんな方法でよいのでしょうか?(相手のペースに巻き込まれてやりたい放題の状態です完璧とは言えません^^;)

一般的に無知でしかも、営業トークみたいに話せないし、価格交渉さえ苦手の場合はどうしたらよいか・・・

ここが疑問ですし、今回のテーマです。

重要なポイント

 

  • 査定に来ても、会話をしない(必要最低限)
  • 装備品(オプションのみ話す)
  • 機構上の状態も話さない
  • こちらのポイント1で調べた相場を伝える
  • 最後に金額を提示されたら、最後に他社にいくと伝える

以上の5つを完璧に使いこなし、査定にきている営業マンと交渉をしてみましょう。

ですが、5つを網羅(もうら)していても相手の様子が変わらないのなら次は相手を買う気にさせてみましょう!

[box06 title=”オススメできる会社”]

提携企業が多くて車一括査定で有利なのはカーセンサーnet がオススメ!!

オークション形式!申し込み前に相場もわかる【ユーカーパック】 オススメ!

[/box06]

相手の出方が微妙な場合のキメゼリフ!

査定に来ている、営業マンの様子があまりよくない(買う気になっていない)

では、こちらから、販売を仕掛けるのも効果がある方法です。

その方法とは3つあります。重要なのでしっかり覚えてください!

 

  • 今手放した場合の価格、半年後に売却すると買取金額はいくらか聞く
  • 他社と比較すると伝えてあるが、今決断するといくら?っと最高額を聞き出す
  • 売る意思を相手に見せつける!

こんな風に相手を誘い出すように交渉をしてみるのは非常に効果的ですしその場で、決めてもらえるならっと営業マンは価格を上げってお客様に提示する傾向があります。

この戦略をうまく使えば、更なる高価買取に期待できることでしょう。

3つ目ポイント驚愕の事実!?一括査定はあてにならない!?

車の査定などで、TVCMやネットなどで見かける一括査定ですが、本当は裏ですべての車屋さん繋がっているのはご存知ですか?!(元車屋さんの情報です。)

なぜ?一括査定は繋がているのか?こんなことで驚愕してしまう事実が隠されております。

なぜなら、一括査定を利用して、一社だけずば抜けた金額をつけて独占状態を作らないようにサイト側が調整しており、日々交代で買取をしているのです。

こんな事実はあまり世間には流れることのない情報なので、信じれないかもしれませんが、一度利用されたことがある人はわかるかもしれません。

一括査定を出すが、あまり金額の開きが天と地なみにかけ離れていないことに気づくと思います。

もし、お客様に指摘があったとしても、「これは今の相場なので・・・」なんていう返答が返ってきます。

口ではあとから何とでも言えますが、そんなことを言っていると売却する際はどうしたらよいか一番困ってしまいます。

廃車するのにもお金がかかり、尚且つ手続きに時間を取られて、休日まで奪われてしまうのは、非常に勿体です。(時間は有限ですからね^^;)

一括査定会社に頼らず、一社に絞り高額の買取金額を付けてもらえるように話をしましょう。

[box06 title=”オススメできる会社”]

提携企業が多くて車一括査定で有利なのはカーセンサーnet がオススメ!!

オークション形式!申し込み前に相場もわかる【ユーカーパック】 オススメ!

[/box06]

買取会社はどこがいいのか?

買取業者はどこでも一緒だとお考えではないですか?

一括査定で何社からも連絡があり、電話が鳴りやまなくなるのは精神面でもいくらこちらがお客さんでもいらつき、しつこい、拒否反応といったように2度と頼むか!なんていうこともあります。

(私がそうでした^^;一回の電話に20分取られて話の内容は変わらず・・・)

そんな時間泥棒だろうか?というほどに電話が長いです。

それが一括査定だと5社から連絡が入ります。

一回一回真面目に受け答えをしていると疲れてきます。

ここで、最初から一社に絞れると気持ちも楽ですし、交渉のよちまで出てきます。

https://car-knowledge21.com/?p=1172

最新情報をチェックしよう!