【2019年】新車は安く購入できる!ディーラーとメーカーの仕組み

  • 2018年12月19日
  • 2019年7月5日
  • 車購入
  • 159view

新車を購入しようと思ってディーラーを何件も周り、見積もりをとって価格の検討をしているのではないでしょうか?

  • ディーラーはお店ごとによって価格が違う
  • メーカーとディーラーとの関係と違い
  • 結局は価格は全然違うことがある
  • どこよりも安く・お得に購入したい!
  • 担当営業マンで価格が変わる

ディーラーはお店ごとによって価格差がある

新車を購入しようと思い、(安く・お得に)車屋さんを転々としたり、ディーラーをハシゴしてヘトヘトになっている経験をしているかもしれませんね。

ここで、疑問に思いかもしれませんがディーラーや車屋さんが違うと価格差があるのにお気づきになりましたか?

ディーラーでも全国共通の価格設定ではありますが、営業マンや時期によって価格が異なることがあります。

営業マンによってどう異なるのか?

一概に営業マンと言っても様々な人がおられると思いますし、その中でも新人からベテランまで幅広く存在しているのです。

よくミスしがちなのは新人さんで金額のミスがあったり、損失が大きいと責任者まで出てくることもあるみたいです。

ただ、値引きの率を考えるとベテランより新人さんの方が値引きが良かったりすることもあるみたいです。

ベテランさんは値引きするというよりお客さんに喜んでもらえるような値引きの仕方をしてくるが特徴かもしれません。

ディーラーとメーカーの違いとは?

新車を購入するときにはディーラーさんで購入することになりますが、ディーラーの仕入先は工場で作られた車がメインですよね?

同じ会社だから当たり前だと思っているかもしれませんが、実はそうではないのです。

ディーラーとメーカーはグループ会社になっていることが多くあります。

ですから、ディーラーはメーカー(工場)から車を購入してお客さんに販売をしているのです。

それでは、値段があまり変化がなさそう・・・

なんて思いますが、定価自体は決まっていますがディーラーによって値段が(値引き)変わることがあるのです。

ディーラーは代理店ということが多いのです。

車を安く買える時期を狙おう

新車を安く購入できる時期というのは、よくCM、チラシ、広告などで目にする決算月や著しく人が車を購入しやすそうな時期だったりします。

例えば、4月に就職活動で車が必要になる大学生など・・・

このようなタイミングでも安く購入できるような時期があるわけなんです。

  • 1~3月の年度末決算
  • 6,7月のボーナス時期
  • 8月決算月
  • 12月年度末

これらの時期がもっとも新車が安く購入できるような時期になりやすい傾向にあるわけなんです。

決算時期になれば、値引きのチャンスはかなりあると言ってもよいでしょう。

※例外もあります。それは下記でポイントを押さえていきます。

他に例をあげればモデルチェンジ前の時期だったりもします。特に展示車両は安く買えるチャンスは大でしょう。

このようなタイミングを逃さずに購入するとよりお得に購入できるでしょう。

ただ、新車を購入するならモデルチェンジ後が少し高くても最新の状態で購入したいですよね^^

ライバル車の見積りを複数とろう

新車を購入するのにそもそもライバルなんているのか?

そいうあなたの疑問も間違ってはいませんね、ディーラーは代理店という形式なので、どこでも購入しても一緒ということは無いのです。

ですから、同じディーラーでも値引きの金額が違うなんてことも多々あるんです。

ライバルを減らすという意味では、いろいろなところに見積もりを請求するのもよいでしょう。

上手に値引き交渉をしよう

新車を購入するなら、値引きは最大限引き出し、営業マンを口説きながら自分の理想に近づけていける方が良いです。

ただ、理想に近づけると言っても一方通行では全然だめですよね^^;

営業マンは実際値引きをしずに購入してもらう方が良いと考えておりますが、一切値引きなしで販売できるということも思ってはいません。

ですから、こちらの要望と営業マンの要望をうまい具合に間をとっていきましょう。

 

値引きがもっともされやすい傾向はオプション品を付けることです。

 

単純に車だけを購入するから値引きをしてくれなんていうことは正直難しい話だったりもするのです。

オプションを付ければ、付けるほど値引きの金額もそれに比例して大きくなる傾向があります。

営業マンの要望も聞いてあげることによって相手も親近感が湧きますので、その点も十分に使いこなして、あなたの理想の金額に近づけてあげましょう。

いま乗っている車を高く買い取ってもらおう

新車を購入するなら、今乗っている車を売却しなくてはなりませんよね。

ただ、ディーラーで下取りをしてもらうのは全くオススメしません!!

その理由というのはディーラーの仕事というのは、あくまで新車を販売することがメインの仕事ですので、下取り車で儲けよう!なんて思いもしませんし、下取りをすれば、その分名義変更やなにかしらで人件費も取られてかえって安く下取りをするような傾向なんです。

考え方的にディーラーはサービスの一環として行っているだけなので、さほど下取り車で興味もありません。

ディーラーで売却するよりも車一括査定などで売却をするほうがよっぽど高額で売却できるので、買取専門に売却をオススメします。

新車ではなく?カーリースという選択もアリ!

新車を購入するという選択肢以外でカーリースということも視野にいれるのもありかも知れませんね。

カーリースは新車に比べて、軽減されるようなイメージが強いです(価格、その他イメージ)

ですが、カーリースでも取り扱っているのは基本的に新車ですが、価格が違うと思うのは毎月の分割金額になっているのからかもしれません。

それに加え、残価据え置き型ローンと同じような扱いなので、比較的毎月の支払いは新車をあなたが購入するよりも少し安くなっています。

カーリースを〇年利用するかにより、毎月の金額が変動しますのでその点は必要な用途に合わせて購入する車などをきめていくとよいでしょう。

まとめ

新車を安く購入できるようなことをまとめていきましたが、解決にはなりましたでしょうか?

新車を安く購入しようと思うと、販売店を転々として見積もりをとると良いかもしれませんね。

納得のいく新車価格で購入するなら、それだけ動かなくてはなりません。

ですが、新車の見積もりを一気に取れるサービスを利用するともっと早く情報収集ができますので、この機会に利用するのもありです。

今乗っている車は下取りよりも買取専門店で売却する方が次の車の足しにもなりますので、少し手間や時間はかかりますがその分足しにもなります。

おすすめの中古車買取査定サイト

お願い】愛車の最高額を知ってください!下取りよりも◯◯万高く売れることも!

あなたの車を売却するなら損をしたくありませんよね?

折角◯年に一度の売却なら高く買い取ってもらうところに売却しましょう。

オススメなのが【車一括査定】です。

こちらのサービスを使えば、ディーラーの下取りよりも◯◯万円高く売れることが多くありますし、利用者も年々急増中なのです。

買い替え、売却するなら、より多くの頭金や売却金額が手に入ります。

オークション形式で売却さらに電話するのは一社だけで良い!概算の最高額がわかる

参考:【2019年】車一括査定のランキングはこれ!オススメできる8選とは

最新情報をチェックしよう!