エンジンかからない!?前方からカタカタ音対処の仕方とは?

車が突然故障をして、エンジンがかからず途方にくれていませんか?

きっとそれはこんな異音じゃないですか?『カタカタ』『キュキュ』

エンジンがかかりそうでかからない・・・・

  • エンジンがかからず、『カタカタ』音がする
  • 乗って出かけようとした人
  • 原因はわかったが、対処を知らない人
  • 異音だけわかってもどうしたよいかわからない
  • とりあえず困ったから最初からプロに任せたい人
 

エンジンのカタカタ音の原因を追及

ルマのエンジンがカタカタ音がするには間違いなく原因がありますその原因さえわかればなんにも心配することもなく

対処できるわけですが、原因を探るためにどうするべきなのか?知らない人もでもわかるようにまとめます。

まずは、音から判断しましょう。

こんな音がしていたら原因はバッテリー上がりが考えれます。

バッテリー上がりの対象方法はこちらからでも方法はのっております。

電気は来ているのになぜ?エンジンがかからない

クルマの鍵をひねると電源が入ったような状態になりますが、エンジンをかけようとするとカタカタとやる気がないような音がします。

故障をしたっとパニックになる前に直る可能性は十分にあると思います。落ち着いていきましょう。

これはバッテリーがかなり弱っているような状況だと推測します。バッテリー上がりはなんにも前触れなく上がったりします。

「つい30分前まで普通にエンジンがかかっていたのに・・・」

「出勤前に突然バッテリーが上がったり・・・」

バッテリーを新品に交換してある程度年数が経過していれば、交換時期も含め寿命かも知れませんね。

では、バッテリー上がりはわかるけど、なぜ電源がはいるのか?

バッテリーが完全に上がっていない為、残りの残量でクルマに電源がはいるような状況になっているのです。

ただ、これではエンジンはかかりません。

緊急バッテリー上がりの場合どうしたよいか解決策!

クルマのバッテリー上がりでは3つの解決策がありますが、その3つの解決策には条件があります。

  • JAFロードサービス
  • バッテリーブースター使用
  • バッテリー交換もしくはバッテリーチャージ
 

上の3つのメリット・デメリットをまとめていきます

JAFロードサービス

JAFのロードサービスを利用すれば、どこにいても住所さえわかれば迅速に対応してくれますし、スピードも速いです。不安の気持ちも取り除くことができます。

なにかあったときはすごく頼りになって頼もしい存在です。

メリット

  • 迅速で的確な対応をしてくれる
  • 24時間365日対応
  • わからないことはわかる範囲で教えてくれる。
  • プロならではの解決策を提示

デメリット

  • 会員になるには年会費が必要
  • 使うタイミングが少ない

JAFはクルマのトラブルの保険だと思えば安いかもしれません。

困ったときにすぐ対応してくれるのは一番不安が取り除かれて気持ちにゆとりができます

そう思うと時間をかけて不安の気持ちを持ち続けるよりましかもしれませんね。

バッテリーブースターを使用して

バッテリーブースターを使用して一時的に車に電源を与え、エンジンを始動させるという方法ですが、一時的なことなので、修理工場に持ち込むまでだと思ってください。

エンジンがかかったからっといって次もエンジンがかかるというこは少ないです。

エンジンをかける時が一番電気を消費することとなります。

メリット

  • 一時的にエンジンをかけることができる
  • 自走できるようになるので、走行可能
  • ロードサービスを呼ばなくて済む

デメリット

  • クルマがもう一台必要
  • ブースターを所有してないとダメ

バッテリーブースターは購入しようと思うとこれぐらいの価格はします。

最寄りにガソリンスタンドがあればレンタルさせてくれるところはあります。
勿論預り金でお金をわたさないといけませんが・・・

緊急の為にひとつ持っておくのもありでしょう。

バッテリーを新品に交換するもしくはチャージする

新品に交換をしてしまえば、早く問題解決できてしまいすね

ただ、どんなバッテリーを購入してよいうかわからないということがあると思います

そんな場合は、やはりプロにまかせることをお勧めします。

チャージするのは専用の機械が必要ですので、これらは車屋さんがもっているので、

充電してもうより新品に交換をした方が金額的にもよいでしょう。

チャージ料、新品交換は価格はあまり大差のない価格になることが多いです。

まとめ

車のエンジンからカタカタ音をまとめてきましたが、結論バッテリー上がりでしたが、バッテリー交換でも簡単に交換できてしまいますが、知識が無い人だと感電する可能性があります。

新しい車なんかだと、エンジンルームにバッテリーがなく、トランクあたりについていたりもします。

尚且つ、ハイブリット車・アイドリングストップ車でもバッテリーの種類が違ったりしますので、最初からプロに任せておけば失敗することはありませんので、最初から修理工場で見てもらうのも良いと思います。

もし、バッテリー以外の場合でも対応してもらうので、この機会に修理工場に見てもらうのもありです。

最新情報をチェックしよう!