車のミッション故障の原因とは?放置すると運転ができなくなる可能性も!?

今の車はほとんどがATミッションが採用されておりますが、昔はMTミッションが当たり前の時代もありました。

MTに比べATは部品を使われている数が多いため、故障をすると交換をするにも金額は高いのがATなんです。

少しでも故障の原因を減らして、長く乗れることを学び故障を減らしましょう!

  • 車の走り始めがぎこちない
  • 走り出すとエンジン回転数がおかしい
  • 乗り始めるとキックバックがくる
  • 異変に築いてもわからない人
  • 車を修理しようか売るか悩む人
 

トランスミッション主な故障の原因とは!?

機構上なので、色々原因というのはあげられますが、いくつかご紹介をしていきます。

  • 走行距離が多い(10万km・20万km・30万km)
  • 金属疲労
  • 無茶苦茶な扱い方

などなど・・・

これらが原因としてあげられるわけです。

ですが、最近の車は性能が良く非常に丈夫作りになっているので、故障をするのは稀なんです。

稀と言っても、物ですので使っていればガタというのはいつきてもおかしくはありません。

故障したからと言って誰か恨むこともできないので、極力故障の原因を作らないようにしましょう。

走行距離が多いとどうして故障の原因になるの?

走行距離が多いと故障する原因というはいくつかあります。

  • メンテナンスを怠った
  • 金属疲労

メンテナンスというはATF(オートマチックミッションフルードの略)わかりやすく言えば、オイルですね。

使えば使うほどオイルも消耗または汚れてきたりします。

交換を定期的に行うことで、トランスミッションには最適な環境を作ってあげることにより故障率が低なると言えます。

金属疲労どんな時になるのか?

金属も使えば使うほど、疲労が蓄積されていきます。

人間と一緒で疲労をずーっと溜まっていくと病気やケガなどになってしまうことがあります

車の部品もそうなんです。

金属であれば、折れてしまったり鉄が欠けることも多くあります。

鉄同士が接触して「カラ、カラ、カラ」という音は聞いたことがありますか?

そうゆう音こそが金属疲労により発症場所になっていたりします。

トランスミッションの無茶苦茶な使い方とは?

トランスミッションの無茶苦茶な使い方は人は無意識にやってしまっていることがあるのです。

それは、トランスミッションを切り替える時に完全停止をしずに切り替える」ということです。

わかりやすく説明しますと動いていた「歯車をいきなり逆回転させてみる」

それを繰り返し行なっていると故障の原因になります。ここで、一番肝心なのは完全停止後に切り替えることです

それによって故障の原因は減ります。

内心では、すぐに切り替えたくなる気持ちもわかりますが、グッとこらえて取り組んでください。

トランスミッション切り替え後、「ガクガク」現象!

ミッション修理するには

トランスミッションを切り替えると車が「ガクガク」していませんか?

毎回ではなく、切り替えるとなっている車を乗っているのは注意が必要です。

そのお車はトランスミッションが滑る一歩前に状態の可能性があります。

トランスミッションが滑るというのは?

歯車が上手く噛み合わなくて滑っているような感覚になってしまうことです。イメージでは、ボールとボールで噛み合わない感じです。

ギアをドライブに入れてもなかなか前に進めないという現象もありえます。

そうなる前に点検や整備が必要です。

AT(オートマ)の故障原因を分析してみた

AT(オートマ)を乗っている人の方が多くいると思いますが、あなたもオートマを乗っていて少し疑問を持ち始めているのではないでしょうか?

故障しているなら、修理もしくは乗り換えもシェアに入れたいと考えますよね^^;

検討しやすいように対策や故障原因をさらに掘り下げていきます。

経年劣化をしてしまう・・・

どんなに故障がしにくい部分でも形ある物、壊れてしまいます。

これが10万km、15万kmと長年、長く乗り続けていると内部の部品が金属疲労等(摩擦・破損)っと行ったように経年劣化が進んでいきます。

進んだ先に歯車の噛み合いが悪くなり、『滑るような』感じになってしまい、キックバックするような感じになってしまいます。

これらは、運転の仕方、使い方によって劣化の具合が変わります。

中古車では、目に見えないところですので買ったばかりの中古車でもそのようなことになる可能性も十分にあるということなのです。

ATF(オートマチックトランスミッションフルード)の不具合等について

AT(オートマ)の内部は精密なギア(歯車)で動いており、回すために潤滑や油圧等を使用しております。

油=ATFなのです

歯車を回すために重要なオイルなのでが、これが無くなったり定期的に交換をしないと故障の原因になってしまいます。

逆に定期的に交換をしていなくて、◯十万kmと乗り続いてきた場合に、いきなり交換するとさらに故障の原因にも繋がります。

ですから、最初からまめに交換することが重要なのです。

AT(オートマ)が故障した時の現象や不具合をまとめ

AT(オートマ)が故障をするとこのようになります。

  • 動力が上手く伝達せず(加速がおかしい!)
  • オイルの焦げた匂い
  • ギヤチェンジする時にはショックを感じてしまう乗っているとわかるレベルです
  • 燃費が悪い
 

いずれに一つでも当てはまり該当するようでしたら、修理をおすすめします。

放置することにより車が動かなくなる恐れもありますし、感覚がいつもと違うので衝突事故にも繋がったりします。

AT(オートマ)一般的な交換費用や修理費用はどれくらいのか?まとめ

AT(オートマ)が不具合を感じた場合、対象方法としては以下の2つになります。

2つしかないのですが、選択を方向次第では高額に繋がったりします。

  1. 比較的に初期の段階でATFの交換をすること
  2. ATミッション内部を洗浄(オーバーホール)

一つずつ解説していきます。

1、ATFの交換を誤った認識で交換するとかえって故障の原因に繋がります。

先ほど上記で少し触れましたが、こまめに交換しているのであれば、引き続き交換をすることが最も良いのですが、逆に交換しずに2〜3万km以上交換をしていないと車だとそのまま乗っていた方が良いとも言われております。

万が一交換してしまった場合は、故障してしまう可能性があるので、整備店に持ち込んだ方が良いでしょう。

通常のATF交換を整備店でするなら車種によっても変わりますが、8000円〜30000円程度の費用になってきます。

 

2、故障してしまったAT(オートマ)は交換もしくはオーバーホールという選択になります。

滑りや変速のショックが大きくなっている場合は、載せ替え、オーバーホールに2択で選択することになります。

どちらともの解決方法であれば、不具合、故障は改善できます。

ですが、現実的に見ると費用が高額の上にAT(オートマ)が新品もしくは、新品に生まれ変わるような形になりますが、車自体は古い車です。

乗り換えを検討する方が考え的に多いかもしれませんね^^;

車種によって様々ですが、20万円〜からの交換、部品代というような形になっていきます。

車の年式が古ければ乗り換えの検討をした方が良いかもしれませんね。

自動車のエンジンをかけたり、走行中に「むっ!?異音がするぞ!!??」ということがありましたら、車が悲鳴をあげているかも!?

日頃のメンテナンスを怠ると必ず車は故障いたします。

車は精密機械ですが、精密機械という認識が低いような気がします。

色々な部位の異音をまとめて見ました!

他の部品の異音もまとめてみました!

ミッション以外にも様々な異音があったりするのです。

ですから、一概にどんな音かもわからない状態であれば、一旦はどんな音かだけでも

正しく把握しておいてから、修理工場や乗り換えを検討しましょう。

エンジンルームから「キンキン・カンカン」

エンジンルームから響いてくる異音「キンキン・カンカン」このどちらの音でも非常にエンジン内部でまずいような状況が捉えれます。

「原因はこれだ!」というのは判断しずらいですが、恐らく、オイル交換を何年もしていないウォータポンプの故障でエンジンオーバーヒートの異音であれば、こちらの2つが怪しいと思います

対象方法としては、走行中やエンジン始動時の場合はすぐにエンジンを止めて、車を走らせないことが得策です。

すぐに、お付き合いのある車屋さん、保険会社、JAFを読んでレッカーして修理工場へ行った方が良いでしょう!

走行中にエンスト、停車中にエンスト

走行中や停車にエンストが起きる場合は、

  • プラグもしくはイグニションコイル
  • オルタネーター
  • ベルトの切れ(ファンベルト)
  • タイミングベルト切れ

上記が原因が考えれます。

プラグの場合はセルはかかりますが、オルタネーターやファンベルトの切れは車の電源自体が入らないという現象になる確率が多いです。

タイミングベルトの場合は、セルは回りますが、回しすぎると機構上あまりよろしくないので、一般の方は何もしずに待機しましょう。

これらの状態であれば、整備工場にレッカーで持ち込んだ方が良いでしょう。

走行中に「ゴーゴー」うるさくて乗れない!!

走行中に足元から伝わってくる「ゴーゴー」という異音はもしかすると原因はこれらに当てはまるかもしれません。

ベアリングの破損が疑いが強いです!

ベアリングの役目は回転部との摩擦を滑らかにする効果がありますので、故障するとダイレクトに鉄同士が接触するので、ものすごくうるさい異音です。

修理をしないと乗れないくらいうるさいので、早めに修理工場に持ち込みましょう。

ブレーキを踏むと「キーキー」放置するとまずい!?

ブレーキを踏むと「キーキー」という異音は、意外にも気づかないことが多いです。

それはなぜなのか!?

夏場であれば窓を開けるので、比較的異音がしていても気づけれますが、窓を閉め切っていると気づきにくいです。

自分の車という認識ができない場合もあります、周囲にいる車が「キーキー」という異音がしている

という解釈の仕方になる場合もあります。

原因ブレーキを踏んで異音がするのであれば

ブレーキパッドの交換時期に近いかもしれません。

異音が出始めたらすぐに修理工場へ行きましょう!

ブレーキを踏んで「ゴリゴリ」事故にも繋がりかねません

ブレーキを踏むと「ゴリゴリ」という嫌な音がする

こんな場合はブレーキパッドがディスクブレーキを削りながらブレーキしている可能性があります。

こうなった場合、ディスクブレーキも交換対象になってきます。

費用は物凄く高くなるので、そうならないためにも「キーキー」というブレーキパッドの前兆を放置しないことですね!

まとめ

トランスミッションが故障してしまう原因というのは使われている用途によっても変わってきますが、正しく使って、メンテナンスを定期的に実施すれば長く乗れることだってできます。

お車は故障をすると値段が高くつきますし、ショックもでかいです。

定期的にメンテナンスを心がけましょう。

追伸

車がどうしても故障してしまった場合は、乗り換えを検討するのことも視野に入れた方が良いと思います。

当サイトでは、節約の方法や売却の仕方をアドバイスしております。

あなたのお役に立てれる記事を書いております。

こちらの記事は売却のコツや考え方の変え方をご紹介しております。

ご参考にしてください。

関連記事

あなたの愛車を乗り換えるタイミングがきたのではないですか? 車を乗り換えるタイミングは人それぞれ様々な理由があります。 家族が増えたからファミリーカーにしようかな! 家族7人でも乗れるように大きな車が良い! 子供が[…]

最新情報をチェックしよう!