車の乗り換えや買い替えの時に新品タイヤに交換したばかりの対象方とは!?

新しいタイヤを買ったばかりにもかかわらず、車を売却を必要に迫られてきた。

もし、タイヤを購入したあとで、

  • クルマが、故障してしまった。
  • 予定外に、新しい車が欲しくなってきた。
  • 車検費用が高額になった。

など、ポイントがそれぞれあるでしょう。

タイヤをどうするか?

 

それは、タイヤサイズによって価格差はあれど、高額を支払い購入したのですから「勿体無い!」といった気持ちは明白です。

でも、勿体ないという理由だけで「査定すること」をやめてしまうと、かえって損をしてしまう恐れもあるでしょう。

タイヤ(ホイールもですが)は単体で売却も出来るし、状態によってはプラス査定にもなるので後ろ向きな要素ばっかりじゃないのです。

購入してしまった後はどうするか?

新品タイヤを買ったあと車を売却することになってしまった場合の対処方法

余っているタイヤとホイールを装着させて査定する。
タイヤとアルミホイールは加点対象になる時間の価値を忘れないようにしよう!

せっかく新しいタイヤを購入したのなら、査定する前に違うタイヤを装着させるべきです。

たとえば、北海道や東北の方などは雪国ということもあり、多くの方が夏タイヤと冬タイヤ所持しているはずです、使い古されたタイヤを装着させます。

もちろん査定する前に装着させることが肝心です。

なぜかというと、タイヤの状態で査定金額が変動してしまうからです。

そして残ったタイヤ&アルミホイール、もしくはタイヤだけを単品で売り払うことも可能です

売却場所としてはネットがベスト

タイヤの買取サイトやヤフオクやメルカリなど、全国対応できる個人間でのやりとりなどができるサイトは数々あります。

ただその一方で、余ったタイヤがあるなら装着してみてもいいのですが、わざわざタイヤとホイールをセットで購入してまで違うタイヤを履かせる必要はございません。

流石に無料で入手できればそれに越したことはありませんが、なんにせよ同一サイズのタイヤとアルミホイールをセットで手に入れることは困難です。

当然ヤフオクなどを利用して中古で購入することも出来ますが、それ相応のお金を支払うことになる可能性もあるので、タイヤとアルミを用意できないのであればそこは我慢をしてそのまま査定してもらいましょう。

そのワケは、タイヤとホイールの状況が良かったら、査定時に加点される仕組みになってくるからなんですよね。

タイヤとアルミホイールは加点対象になる

例えば、17インチ乗用系タイヤでタイヤの残量が5ミリ以上あった場合、1本6点の加点。

つまり、6000円のプラス査定なり、4本合計2万4,000円上昇されます。

又標準的なタイヤサイズである15インチなのでも1本4点の加点で、4,000円となり合計で16,000円の加点となるので、購入してしまったタイヤのマイナス分を何割かは回収することができます。

一方、不要な古いタイヤを履かせてしまう場合にはマイナス査定を食らわされてしまう可能性があるでしょう。

例えば、タイヤの残量が車検の規準となる1.6ミリに満たない場合、17インチでマイナス25点 つまり4本で10万円のマイナスです。

これが、再販時にタイヤを新しいもの交換する必要があるのです。

こういったふうに、タイヤは加点減点が明確になっているので、あり得ないほど古いタイヤを装着させて売却すると損をする可能性があることを忘れないようにしましょう。

時間の価値を忘れないようにしよう!

タイヤを新しいやつにしたからといって「もったいない」という気持ちになり、さらに売れるクルマを乗り続けているうちに、あなたのクルマの市場価値は時間とともに価値が下がってきます。

クルマを売却において、この時間の価値は肝心です。

そもそも、適正価格で売れる車が、1年間タイミングを逃すことは市場価格がガックリと急落することも想定されます。

査定するときの基準となるホワイトブックにも、使用月数早見表というものがあり、時間とともに価値が消滅していきます。

もちろん時間と共に価値が上がる「レア物・プレミア物」のような車種も中には存在していますが、普通車でそれを頼りにするのはあまりにも都合が良すぎです。

いずれにしても、一度履かせてしまったタイヤは返品することは出来ないで、もし万が一クルマを売却する気になったのなら、「新品タイヤ」というのをポジティブに受取って、わずかでもプラス査定になるよう早い内判断をしましょう。

不要になったタイヤってどうしたらいいの?

車に履かせたままならともかく、不要なタイヤのみが手元に残った場合、どうやって処分すればいいか知っていますか?

粗大ごみで出せると思ってますか?

実は、ほとんどの自治体はタイヤなどのカーパーツを処分してくれません。

身近なものでありながら意外とタイヤの処分方法は知られていませんが、売るか、捨てるかの2つしかありません。

売る場合はどこで売れるのか、捨てるときはどこに持って行けばいいのか、など、それぞれの方法について詳しく説明しながらタイヤのベストな処分方法をご紹介します。

タイヤを売却するなら、以下のような売り方がおすすめです。

それぞれメリットとデメリットがあるので、あなたに合った売却方法を選びましょう

タイヤ買取専門店に売る

タイヤやホイールを専門的に扱っているお店です。

知らない人も多いと思いますが、今はこうしたショップが結構見られます。

もし近所にない場合でも、宅配買取に対応しているところもあるので、ご安心下さい。

メリット

タイヤやホイールを絞り込んで取り扱い、オリジナルの販売経路などを持っているので、高価買取が可能となります。

4本セットでなくても買い取ってくれる場合があります。

また、買取できなくても無料引取りで対応してくれるかもしれない、無駄なお金をかけずに処理出来る可能性がございます。

デメリット

ショップによって買い取り額が違って来るので、少しでも高く買い取ってもらおうと思った際は、お店を探したり査定してもらったりと、手間暇かけないとなりません。

オークションでタイヤを売る

ヤフーオークションやメルカリなどに販売して、落札者と取引する方法です。

メリット

購入希望者へじかに販売するので、不必要なマージンがかからず、一番高く売れる方法とされています。

デメリット

出品、管理、配送など、すべて自分で行わねばならないので、売りに出す方法としては一番手間が生じます。

また、個人間取引となるため、落札者とトラブルとなった場合にも自分が対応しなければなりません。

タイヤを売る時の相場

売るとなると、「わずかでも高く!」と感じるのが人です。

そこで気になるのが、価格の相場ですよね。

だけども、ひとくちにタイヤといっても、サイズやメーカーや種類によって金額もバラバラになってきます。

古タイヤだったら、残り山と呼ばれるタイヤの溝の状況も価格にダイレクトに影響します。

そのため、非常に相場を示しずらいのですが、相場の調べ方をひとつ紹介しておきます。

オークションで出品されているタイヤの価格を参考にしてみてください。

ヤフーオークションなどを利用し、同じような種類のタイヤを探して価格を見てみると、おのずと相場が見えてきます。

※落札済みの価格を見ることをお忘れなく!

タイヤを捨てる場合

 

タイヤは粗大ごみとして出せないことが多いです。

「じゃあどうやって捨てるの?」ですが、その前にお知らせしておきたいことがあります。

それは、捨ててしまうのに料金が求められるかもしれないということです。

尚且つ、あんまり安くないです。

なので、売れなかったし無料引取りもしてもらえなかった場合の最終手段として考えるのが良いでしょう。

では、処分対応してくれるところを3つ紹介します。

車を買ったお店・・・無料引取り若しくは1本300円程度
ガソリンスタンド・・・1本300円~500円程度
不用品回収業者・・・1本700~3,000円程度※業者やタイヤの種類などによってさまざま
※タイヤのサイズで価格は異なることが多いです。

まとめ

新しいタイヤを購入してしまったからといって、あまりネガティブに考える必要はございません。

それどころか、どこで売却するかのほうが肝心です。

例えば、近くの中古車買取店で単独査定するよりかは、2つ以上の会社で同時に行う一括査定を利用した方が、ライバルが増えるので査定額は黙っていても高くなる可能性はあります。

なぜなら、ライバルが増えるほど価格競争が働くのですから。

ヤフーオークションでもそのことが言えるでしょう。

ですので、新しいタイヤを購入したと言う小さなマイナス要素ばかりに目を向けず、大きな視野をもって査定額の最大化した方が良いでしょう。

新しいタイヤを購入したとしてもったいないという気持ちはよくわかりますが、

余計なことをしてマイナス査定されてしまったりすると、逆に損をする可能性のほうが高くなってきます。

関連記事

あなたの愛車を乗り換えるタイミングがきたのではないですか? 車を乗り換えるタイミングは人それぞれ様々な理由があります。 家族が増えたからファミリーカーにしようかな! 家族7人でも乗れるように大きな車が良い! 子供が[…]

最新情報をチェックしよう!