車の個人売買は危険?トラブルになってからは遅い!書類を用意しよう

友人、知人、家族で車の売買という話はよくある話です。

それぞれ前オーナーの理由というのはあると思いますが、手放す前に準備する物や購入する前に用意することを怠ると危険なこととトラブルにもなります。

しっかりと危険、トラブルを避けるように必要なものを用意しましょう。

個人売買はどうして危険なの!?

個人売買の危険というのは、知人、友人、家族間で取引しますので、金銭や約束事項というのを一方が守らず、よくトラブルになることが多いです。

トラブルになると信用関係が壊れたりもしますので、友人、知人関係の取引は極力控えた方が良いとも言えます。

信用関係だけが無くなれば良いのですが、それだけではなく裁判沙汰になることもあるようです。

普通車屋さんであれば、トラブルというのは少なく購入できます。

それはなぜだろうか?と気になりますね。

車屋さんの場合は、金銭で割り切る、契約書、販売店という関係というのがトラブルが少ない理由だと思います。

個人売買の場合、甘えや、言ったことを聞いていないというのは多々あります。

言った言わないという口論にも繋がります。

個人売買のトラブルや危険回避方法とは!?

個人売買のトラブル回避は車屋さんのやり方を取り入れるです。

車屋さんのやり方を取り入れるっといても1〜10まで取り入れる必要はありません。

危険、トラブルを未然に防ぐ確認表作成しておきますので、ガイドに剃って取引を行って見てください。

100%危険、トラブルというのは正直なくなりはしません!

危険、トラブルを少なくするのが目的ですので、ご了承ください、防げることは伏せましょう。

購入相手や販売側の性格を知ること!

お互いの性格を知る事で対応はガラッと変わってきます。

ガラッと変わると言っても集める用意するものが変わるのかというとそうではありません。

あくまで性格を知るという事なので、どういう人柄なのかを知りましょう。

例えば、ズボラな人なのか、キッチリしている人なのか、短気の人などなど・・・・知る事でこちらの相手への対応がかわります。

キッチリしていなければこちらで指示をしないといけないですし、キッチリしていれば、やることを紙に書いて渡せばある程度はやってもらえたりなどします。

必要な物はなに!?トラブルを未然に防ごう

危険やトラブルを未然に防ぐためには大事なのは書類です。

「な〜んだ書類ぐらい簡単じゃん♬」

と思もいますが、書類は簡単そうに見えてしっかり作成をしないと穴ができてしまいます。

穴を作らない為にも出だしでつまづくかないようにしましょう。

必要な物、書類一覧

  1. 車両の写真(販売元)
  2. 車両の傷チェック表
  3. 売買契約書
  4. 現状販売同意書

車両の写真とはなに!?

販売者側は、外装の傷や凹みなどを神経質にチェックしないといけません。

それはなぜなのか!?

傷や凹みというのもトラブルに繋がる一つの種なんです。

トラブルを少しでも無くす為に引き渡す前に、写真を念入りに取っておきましょう。

外装、内装を全体で細かく撮影しましょう。

大体80枚ほど取るのが好ましいです

全体を2、3枚取って終了というのはやめましょう。

詳細に撮影することで、こちらの逃げ道を確保、相手を納得させれるということができます。

車両の傷チェック表とは!?

車両の傷をチェックする用紙が販売されていたりします。

トラブルを防ぐにはやはり口頭よりも、紙に記されている方が効果的でもあります。

ここで疑問に思うのは、どいう書式でやれば良いのだろうか?!

ネット検索でも無料のは出てきますが、検索した結果いいのはあまりありませんでした。

無料でやろうと思えば、ご自分で絵を書いてみるのもありです。

では、絵が書ける自身が無い場合にはどうしてたら良いか?

こいうのを用意できれば記載はしやすいと思います。

チェックシートが記入できれば原本は相手に渡して、コピーは自分の控えで持つとより良くなります。

最後に相手に説明をして了承が得ることができれば、チェックシートに署名してもらえば完璧の仕上がりになります。

売買契約書の交わし方とは!?

個人間の取引でもっとも重要の書類になります。

大体トラブルに繋がる大きな要因となるのが、契約書を交わしていないことが多くあります

トラブルを避けるには確実に契約書を交わしましょう。

個人の場合だからっと安易に考えてしまいがちでは、ありますが、決して安易に考え無いでください。

新車や中古車販売店では当然契約書を交わすのは当然です。

個人間のやりとりだからこそおろそかにしまいがちですが、しっかり行ってください。

具体的にどんな内容が必要なのか?

というのも疑問の一つに上がってきますが、要するに販売側と購入側の取引を証明するのをハッキリする為に行います。

両者が納得しましたという証明を残す為の書類です。

納得ということを残すことで、トラブルも未然に防ぐことができます。しっかり契約書はとり交わしましょう。

created by Rinker
¥445 (2019/08/21 14:48:32時点 楽天市場調べ-詳細)

個人間で取引する場合は上記の売買契約書を使用するのが好ましいかもしれません。

なぜなら、複写式になっており、相手にもこちら側にも控えができますので、安心することができます。

現状販売同意書とは!?

中古車販売屋さんなら保障などが大体はついていますが、個人間の取引では保証というのは無いです。

保証してくれる人は販売側になりますが、普通の人であれば、そのままの状態で売買しますよね。

保証という概念は一切ありません。

そこで、困ってしまうのが購入側の車が故障した場合です。

購入から1ヶ月経っていないのに故障をしたから、お金を返せなどと言われても販売側は困ってしまいます。

もちろん壊れるのが販売する前から認識をしていて販売をしてしまったら、それは悪質ですが、そうでない場合は、車も機械なので、故障はいつ起きてもおかしくありません。

そういうトラブルも未然に防ぐ為には、やはり同意書を一筆書いておいたほうが良いでしょう。

内容としては、ご自分が納得できることを書いておいた方が良いでしょう。

例えば・・・

  • 現状販売及び保証なし
  • 故障等があっても当方に責任は一切ありません。
  • 名義変更後に起きたトラブルは一切当方と関係ありません。

などなど・・・・

こいう内容を書いておけば、売買側も安心できます。

まとめ

個人間の取引では、トラブルや危険はつきものだと最初から認識をしていれば、未然に防げることも多くあります。

類を怠ってしまう=めんどくさいという、気持ちにもなってしまうのは誰にでもありますが、そこはグッと堪えて実施しましょう。

後々トラブルになって時間を大幅にロスするぐらいなら、最初から少しの努力をして起きましょう。

裁判や口論でも時間とお金はやはりすごくかかりますし、勿体無いです。

良いことは全くありません。

個人間の取引では、車は安く手に入るというメリット反面、デメリットとしてはやはり信頼関係の縺れにも繋がります。

お互いが納得した上で、売買を行いましょう。

追伸

個人売却をするには、トラブルはつきものと認識していただけましたか?

いくらお互いが知っていると言っても、”お金”が絡むだけで人間関係は崩れることは多くある話です。

特に車はトラブルが多いことで有名なのです。

ですから、売却をするなら第三者に売る方が気持ちやトラブルは未然に防ぐことができるのです。

想像してください。

売却した友人と今後の関係が崩れたらどうでしょうか?

売却した知人の紹介相手にトラブルになり、裁判沙汰になったりすのもどうでしょうか?

トラブルは時間や手間を大幅に使ってしまいます。

防げるトラブルは事前になくすことで快適なライフスタイルがおくれるでしょう。

あなたの愛車を最も高く買い取ってくれるのは買取専門店や下取りだと思い込んでませんか?

売却のコツは”競合”させることが一つ、駆け引きが一つずつあります。

ですから、最も高く売るなら車一括査定やそれに類似したサービスを使うことがオススメです。

詳しくは当サイトのトップページでご説明しております。

関連記事

あなたの愛車を乗り換えるタイミングがきたのではないですか? 車を乗り換えるタイミングは人それぞれ様々な理由があります。 家族が増えたからファミリーカーにしようかな! 家族7人でも乗れるように大きな車が良い! 子供が[…]

最新情報をチェックしよう!